山口県萩市・グルメ・イベント・観光情報「萩LOVE」

山口県萩市を愛するメンバーが集まって生まれた団体です。
萩市内の人と、全国の人とふれあえる活動を目指しています。


+ カレンダー
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>


+ プロフィール

山口県萩市・観光・イベント・お祭り・グルメ情報「萩LOVE」

お問い合わせはこちらからお気軽に♪

+ 最近の記事

+ 最近のコメント

+ カテゴリ別
+ バックナンバー

+ 応援しています!
映画館・山口県萩市「萩ツインシネマ」
山陰北浦地区で唯一の映画館
「萩ツインシネマ」公式サイト


+ リンク
+ その他

+ 広告ユニット

+ スポンサーサイト +

一定期間更新がないため広告を表示しています

 2016.11.22 Tuesday * | - | - | -
+ HLHS第4期 3時限目「萩図書館☆あいぶらりにて」 +
本日のHLHSの会場は、萩の図書館「あいぶらり」
今回は少しの時間でしたが(申し訳ないです)、みんなの様子を見にいくことができました。

そこには、2F学習室で真剣に取り組む生徒たちの姿がっっ。(素晴らしい☆拍手っ☆)



1人1人個別の調べ学習中。
前回の記事に書いたように。
生徒は13人の萩にゆかりのある歴史上の人物から今後10人を選抜します。

自分が気になる人物の本を読み、彼(女)らがどのような人物であったかをノートにまとめています。
生徒は4人1組の‟会社に”分かれているので。
それぞれが調べた内容を持ち寄り、自分たちの会社がどの人物のwebページを作成するかを決めていきます。


実は私が到着する前、あいぶらりのスタッフの方々が、事前にお勧めの本を用意してくださっていたらしいのです。

各テーブルごとに、人物を紹介している書籍を集めてくださっていて、生徒も本を選ぶことができ、授業がスムーズに運んでいるとのことでした。





私が到着してからも、スタッフの方々は生徒の質問に、優しくアドバイスをされていました。
お忙しいところ、心温まる丁寧な対応に感謝するばかりでした。
(あいぶらりの皆様、ありがとうございました。)





一方、みんなのノートを覗いてみると・・・
文さんに、久坂玄端に、玉木文之進と・・・それぞれ調べてありましたが・・・
ダントツで人気のある人物が、高杉晋作!!
晋作について、まとめられているノートをよく拝見しました。



さて、13人とはこのメンバーです。
1 松陰先生
2 松陰先生の母・滝さん
3 叔父・玉木文之進
4 二番目の妹・寿さん
5 来年の大河ドラマの主役・文さん
6 文さんの二番目の旦那さん・楫取素彦
7 文さんの最初の旦那さん、久坂玄端
8 幕末の風雲児・高杉晋作
9 初代総理大臣、伊藤博文
10奇兵隊の軍監・山県有朋
11萩の乱・前原一誠
12エリート・木戸孝允
13彼なくして明治維新はなかったのではないか・毛利敬親。


個人的にも、萩の幕末あたりの歴史は好きなので。
どの10人が選ばれるのか。
来年の大河ドラマの配役と同じくらい、気になっています。

ちなみに、第一回目の誰について調べたいか希望アンケート上位は
1位 高杉晋作
2位 久坂玄端
3位 伊藤博文・杉瀧子

でした。松陰先生のお母さんは本当に献身的に家族を支えていらした方なので。

ここで3位にランクインするとは!!!(パチパチパチ)

楽しみですね〜。





生徒の皆さん、こうして書籍から情報を拾い出していく作業はいかがでしたか。
書き写すだけでなく、本の内容を理解するにも時間がかかり、時間が足りなかったかったかもしれませんね。

内容が難しいときには、簡単に書かれている本から読み始めるのもお勧めですよ。
あと、最初に何を調べたいかを書き出して、その答えとなりそうなキーワードを抜き出していったり。
あと、同じ内容で書き方が違う本をいくつか並行して読んで、理解を助けたり。
いろいろな方法があると思うので、またこういった作業をするときにヒントにしてみてください。

本日もお疲れ様でした♪♪




















 
 2014.05.01 Thursday * 01:00 | 萩LOVE High School 第4期 | comments(0) | trackbacks(0)
+ スポンサーサイト +
 2016.11.22 Tuesday * 01:00 | - | - | -
Comment









Trackback URL
http://hagi-love.jugem.jp/trackback/250
<< HLHS第4期 2時限目「萩ラバーズによる授業」 | main | HLHS第4期 4時限目「取材対象決定☆」 >>