山口県萩市・グルメ・イベント・観光情報「萩LOVE」

山口県萩市を愛するメンバーが集まって生まれた団体です。
萩市内の人と、全国の人とふれあえる活動を目指しています。


+ カレンダー
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>


+ プロフィール

山口県萩市・観光・イベント・お祭り・グルメ情報「萩LOVE」

お問い合わせはこちらからお気軽に♪

+ 最近の記事

+ 最近のコメント

+ カテゴリ別
+ バックナンバー

+ 応援しています!
映画館・山口県萩市「萩ツインシネマ」
山陰北浦地区で唯一の映画館
「萩ツインシネマ」公式サイト


+ リンク
+ その他

+ 広告ユニット

+ スポンサーサイト +

一定期間更新がないため広告を表示しています

 2016.11.22 Tuesday * | - | - | -
+ 登校とセンセイのない世界〜未来日記で考える学び方の変化〜 +

萩LOVE、萩LOVEハイスクール担当の松嶋です。

 

ものすごーーーく遅くなりましたが、萩LOVE主催のイベント「リモートワークジャーニー@萩」のレビューをしたいと思います。

 

すでにFacebookグループ「反転授業の研究」主催の田原さんの「リモートワークジャーニー@萩でハイブリッドワールドカフェ」やリモートワークジャーニー@釧路主催者の四宮さんの「リモートワークジャーニー@萩に参加してきました。」、そしてソニックガーデン倉貫さんの「通勤のない世界〜未来日記で考える働き方の変化」と3本も振り返りのエントリーが書かれていますので、そちらをご覧になると全体がよくわかります。ぜひご一読をよろしくお願いいたします。

 

会の雰囲気はダンクソフト大草さん制作のこちらの動画がよく伝えてくれています。

 

さて倉貫さんのエントリーは衝撃的でした。あれは日記というより、小説。。。。

 

今回のリモートワークジャーニー@萩は2時間という短い時間でのトーク&ワークだったので「未来日記」というワークに十分に時間を割けなかったのですが、こういう風にそこで考えたアイデアをブログにまとめて書くというのはとても素晴らしい振り返りになりますね。倉貫さん、ありがとうございました。

 

今回の未来日記は「リモートワーク」をテーマに考えてもらうことで、1人1人が自分の生き方や働き方を捉えなおすきっかけになればと思って企画しました。フューチャーセッション風ワークショップです。

多様な職種の方、年齢幅も広かったので、1人1人が「どのあたり」の「未来」を想定するかも自由に決めてもらいました。

私のイメージとしては「リモートワーク×営業」、「リモートワーク×福祉」、「リモートワーク×医療」、「リモートワーク×萩焼」などいろいろと出ると面白いな、と思っていました。有形物(モノ)を扱うビジネスの人はもちろん制約条件は厳しいところがあるのですが、ものづくりの周辺部は十分にリモートでワークできるところもあるのかな、と思ってみたり。

 

私は、高校教員なので「リモートワーク×学校」で考えてみました。

ではその妄想日記もとい未来日記を少しご覧ください。


登校とセンセイのない世界〜未来日記で考える学び方の変化〜

いつも通り自宅からログインして授業を受けても良かったのだけど、天気もいいし今週は後2回コミュスクに参加しなくてはいけなかったので、久しぶりに朝から外出した。朝日を浴びた海沿いの道を自動自転車の自動機能切って自分の足で漕ぐのも心地よかった。

 

「おはよ〜。珍しいね、朝からくるのって」

 

「うん、天気良いしさ、そこ空いてる?」

 

「どうぞどうぞ、でも、コミュスクに来てもログインしてみんなで話すってやってること自宅と同じだけどね」

 

そう言って彼女はデバイスをオンにしてくれた。週に3回はコミュスクというラーニングスペースに通う必要があるけど、オンラインでも学び合いは出来るので、普段は出なくてもいい。昔は朝8時30分までに登校、というのがあったらしいが、今ではない。今は朝自宅で学習してから11時から12時の間にくればいい。朝早くから来てコミュスクからログインして学ぶ人たちもいる。オンラインにもコミュスクにも常時ナビゲーターやファシリテーターがいて、僕たちをエンパワーしてくれ、学びを伴走してくれる。夕方にはコミュスクとは別のコミュクラで好きなスポーツや文化的活動、プロジェクトを行える。

 

「ねえ、昔、センセイっていたんだよね?何してたの?」

 

「キョウシツって場所で40名くらいの人を集めて、みんなに一斉に科目を教えていたんだよ」

 

「え〜、センセイって人のペースに合わせて学習するの?」

 

「そう、その日に決められた範囲を進むんのだったかな」

 

今だと人権侵害で訴えられて確実に負けるな、と僕は思った。

学びをみんなと同じペースで行うなんて現在では考えられない。膨大な数の学習コンテンツがインターネット上にあり、それをキュレーションできるナビゲーターがいて一緒に学習計画を立ててくれ、さらにそれを活用して場を創ることができるファシリテーターがいる現在であっては、1人の人間が全てを教えることなど考えられない。

現在ではコンテンツに合わせるのではなく、コンテンツが個人に合わせられるようになっている。個人の学びのペースが安心して続けられ、そこに比較による優劣はつけてはいけないことになっている。実際にはなかなかうまくはいっていないところもあるようだが、次のレベルに個人が到達することが第一であり、他人との比較の中で優劣をつけることには意味がないことが、ここ数十年の間に社会が証明してしまった。日本で大学以外の学校が全て垂直統合され、年齢に関係なく場所を選ばずに学ぶ環境ができて、ようやく社会に近い学習環境が整い、学校という概念が根本的に変わって行った。

 

「ブカツってなんだったけ?この前歴史のテストで出てたんだけど・・・」

 

「今のコミュクラみたいなもんだよ、でも性質が違って顧問のセンセイというのがいて、ほぼほぼボランティアでやってたんだって」

 

センセイって人も大変だったんだな、毎日遅くまで残って強制的にやっていたひとが多いみたいだったようだ。

昔は、学校というと1つの建物の中に、センセイとセイトがいて閉じられた空間の中で知識や技能を習得していたが、現在では複数の学ぶ場があり、どこにいても同じような学習体験ができるようになった。ガクネンという年齢輪切りシステムもない。オンラインでもオフラインでも個人が尊重され、学びを諦めずに続けられるシステム、システムというと”冷たい”印象があるかもしれないが、このシステムは人間的で暖かいものだった、これが世界中に広がってから起こったことは、対話により互いの違いを認め合おうとするムーブメントだった。

 

そのムーブメントの影響で「対話」という科目が必須科目になって、最初は混乱した。

一部には「対話しなさい」という対話の精神とは全く真逆のダブルバインドな場も現れたりした。文科省も「主体的で対話的な深い学び」というキャッチを前面に出したものだから、一部の学校では「対話」が強制的に行われるという悲劇が起こった。しかし、それらはパラダイムシフトが起こる上での1つの痛みを伴った通過点であった。

 

「最近、アフリカの子たちとよく対話するけど、時々自動翻訳システムをオフにしてコミュニケーションするワークやるじゃない、あれさ、やると脳みそが喜ぶ感じがあっていいよね」

 

そう言って彼女はまたいつもの多言語学習の話を嬉しそうにする。僕にはその楽しさが全く分からない。僕らは生まれた時から自動翻訳でオンライン対話をすることに慣れすぎているのかもしれない。

 

オンラインでの対話で自動翻訳が本格的に始まったのは、今からかなり前、確か2016年頃に「Zoom革命」と言われた頃からだった。当時IIBMの人工知能APIであるWatson WorkspaceがZoomと連携したことにより数年後に実現されたシステムだった。Zoomは日本では当時はごく限られた人しか利用していなかったが、Let's Do Video 2016 Readers Choice AwardのBest Pure Cloud Software Videoconferencing Service部門で1位を取ってからアメリカでも多く利用され、さすがに日本でも無視できない存在になった。

 

「今度ね、アフリカに行って会うことになってるんだよね、楽しみ〜♪」

 

このコミュスクで最年長であろう彼女はいつでも遠くを見つめて楽しそうに会話する。

 

「ねえ、おばあちゃん、今度は一緒に連れて行ってよ」

 

僕がそう言うと彼女は笑顔で頷いて、チケットはお母さんに買ってもらってね、と小さな声で言った。

 

 

 

 

 2016.11.20 Sunday * 23:39 | 萩LOVEイベント | comments(0) | trackbacks(0)
+ 東日本大震災復興支援ピアノコンサート!! +
 

 2011年3月11日  わたしたちは、あの日を忘れない。

 私達にできること

 私達の想いを

 長岡あゆみさんに託して

 岩手県大槌町へ



 12月には萩市須佐・田万川での長岡あゆみピアノコンサートが予定されてます。



 2013.10.28 Monday * 08:00 | 萩LOVEイベント | comments(0) | trackbacks(0)
+ 萩LOVEハイスクール番外編 +
   県内初の高校合同キャリア教育!
萩高校・萩商工高校 共同開催 キャリア教育プログラム
未来の仕事は自分でつくれ〜FUTURE WORK
講師:中鉢慎氏(企業研修/次世代教育講師)

 9月25日(水) 萩LOVEは、萩ふるさと大使(萩大使館代表)井関隆行氏の協力により、萩高校生及び萩商工高校生を対象としたキャリア教育プログラムのトライアル事業を実施しました!

 萩LOVEは、これまで萩市の地域活性化を目指して様々な活動に取り組んできました。
 活動を続ける中で、地域活性化に必要なのは“人材”であり、強い“志”と高い“スキル”が地域社会に大きく貢献できるものだと考えるようになりました。
 また、急速なグローバル化・IT化の発展により、これまで存在しなかったビジネスや職業が次々と生まれている、未来の予測がつかない時代、これから社会に出て行く子ども達には、職業を選択できる学力だけでなく、「自ら仕事を創り出す発想力」を身につける事が出来る教育環境が必要とも考えています。

 企業向け人材育成講師を本業としつつ、中高生向けの次世代教育事業を展開している中鉢慎氏を東京より招致。「数チームに分かれ、自分たちの興味・得意分野から新しい事業を創造し、投資家に扮した講師へプレゼンテーションする」というプログラムを通じて、仕事とは何なのか?という気付き、未来への希望と勇気を持つ機会をつくることを目的として、開催しました!






 当日は、萩高校と萩商工高校から29名の生徒の参加に加え、両校の先生、萩市長、萩市教育長、市議会議員に授業を見学してもらったことで、萩市の次世代キャリア教育のありかたを考えていただけたと思います。

 授業開始までは、生徒達が楽しめるか、市長や両校の先生など関係者の反応など、不安も多くありましたが、授業が始まると中鉢さんの話の面白さに、生徒達はどんどん引き込まれていき、アンケートからも楽しみながら学べた様子がうかがえました。
 先生もキャリア教育の必要性を再認識するとともに、中鉢さんの生徒を引きつける魅力に驚き、大変参考になったとの言葉をいただきました。今後、継続した形で、子供達にこうした授業が受けれる場をつくれるといいなと思います。



 
 2013.10.10 Thursday * 08:00 | 萩LOVEイベント | comments(0) | trackbacks(0)
+ 萩のピアニスト 長岡あゆみ コンサート♪ +




 萩のピアニスト 長岡あゆみ さんのコンサートのお知らせです♪

 7月は山口市で、8月は萩市での開催です!

 チケットのお求めは、お急ぎくださいませ!













 2013.07.19 Friday * 00:02 | 萩LOVEイベント | comments(0) | trackbacks(0)
+ 復興支援ピアノコンサート +
 
2013年2月10日 岩手県大槌町でのピアノコンサート

2013年4月21日 萩市ツインシネマにてピアノコンサート&大槌町支援活動報告会

多くの皆様のご支援により活動を行うことができました。

この場を借りて、心から御礼申し上げます。

ありがとうございました。


萩市の映画館 萩ツインシネマ での報告会は、立見になるほどの多くの方にご来場いただき、約130名の方に、被災地のいまをお伝えすることができました。

特別な空気と時間になったと思います。

当日、受付にて、募金にもご協力いただき、ありがとうございました。

ご協力いただいた募金について、ご報告します。


大槌町ピアノコンサートのカンパ残金 4万7千円
萩ツインシネマピアノコンサート&報告会 募金4万297円


コンサート経費(チラシ印刷、会場費等) 2万6千400円

残金合計 6万897円

残金については、「カリタスジャパン大槌ベース」を通じて、「子どもセンター」の運営費に募金させていただきます。









 2013.05.07 Tuesday * 00:21 | 萩LOVEイベント | comments(0) | trackbacks(0)
+ 岩手県大槌町報告会「長岡あゆみ Piano Concert」!! +



2013年2月10日に岩手県大槌町で「復興支援Piano Concert」を開催した、長岡あゆみさんが、ご協力いただいた皆様へ感謝の気持ちを込めて「報告会&Piano Concert」を開催します!

萩LOVEからのカンパのお願いに対し、賛同いただいたみなさま、ぜひ、大槌町の生の声を、現実を感じていただきたいと思います。

多くの知人、友人に声をかけていただき、少しでも多くの方に会場に来ていただきたいです!!

よろしくお願いします!!

また、遠方の方で、来場が難しい方も多くいらっしゃると思いますが、メールやブログでの報告でお礼にかえさせていただきますこと、どうかご容赦ください。
本当にありがとうございました!!

http://hagi-love.jugem.jp/?day=20130305


 2013.04.12 Friday * 00:51 | 萩LOVEイベント | comments(0) | trackbacks(0)
+ ABUウォーターボーイズ見てきました☆ +
 

ABUウォーターボーイズ見てきました☆

 

開始15分前。

会場につくとプールの周りにお客様がたくさんいらっしゃいました。


 

入り口でいただいたパンフレットにはメンバーの紹介が。


(画像をクリックするとPDFをご覧いただけます) 


パンフレットを読み、ワクワクしながら開始を待っているとメンバーのいっしいが登場。

 

ノリのいい開演前の注意事項に会場も和やかな雰囲気。

 



そして音楽がなり、イントロに合わせて走り出てくる7人のボーイズ♪うける(笑)(笑)


 

向う岸にいたボーイズがプールに飛び込んで、だんだんと観客席に近づく近づくっっ!

そして、いきなり水面に登場したかと思うと観客側のプールサイドに、水しぶきと一緒に整列っっ!

 

近っっ!!!!!!



 

美しい目の前の肉体美に目を奪われるや、そこからは息つく間もなくPOP STAR、め組の人、学園天国のショーなどが続きました。





 

息をついたのは、メンバー1人が足をつったときと(大事に至らなくてよかったよかった)、岩手県大槌町のお話の時。

 

今回の公演は、道の駅阿武町『春の海鮮まつり』での披露であると同時に東日本大震災復興祈念チャリティー公演でもあります。

 

話は変わりますが。

萩ラブログでもお伝えした「東日本大震災復興支援コンサートin大槌町」

 

被災地である岩手県大槌町。

LOVEの仲間が「カリタスジャパン大槌ベース」で長期の活動支援を行っています。

彼女のつながりで、萩からも多くの仲間が大槌町へ向かい、先月は萩在住のピアニスト長岡あゆみさんによるコンサート(入場無料)が開催されました。

(カンパをしてくださった皆様本当にありがとうございました。ただ今報告会について調整しており、決まり次第ご連絡いたします。)

 

そして、ABUウォーターボーイズのメンバーの一人は、その大槌町を訪れていました。

 

震災から2年が経とうとしていた今年2月、大槌町はがれきがなくなってまっさらになった土地が広がっていたといいます。

その景色を写真に撮ろうと思っても、そこは縦横無尽にカメラを向ける気持ちにはなれず、中でも伝えたい様子をカメラに収めて戻りました。

 


今回の公演会場では、カメラに収めた様子と大槌町からお借りした当時の様子の写真展が同時開催されていました。



 

被災地の方々の気持ちを汲んだ上で、ABUウォーターボーイズは、阿武町で、みんなで笑って元気でいられるように。自分たちでできることをして、被災地の一助になるように。被災地を身近に感じられるようにと今回の公演を迎えているとお話がありました。

 

※一番最後に入場者に配布されたパンフレットを掲載していますので、ぜひ読んでください。

(すみません、許可なくアップしてます。と…事後報告…)

 



締めの曲はマツケンサンバ♪
公演終了後。
出口では、あれだけ激しく動いて、観客を喜ばせて、感動させて疲れてないの?と思う7人のボーイズが、元気よく募金や募金と一緒に大槌町へ贈るメッセージフラッグの記入を呼びかけていました。

 


会場に集まっていた小学生?くらいの男の子や女の子、赤ちゃんと一緒のお母さん、それにおじいちゃんやおばあちゃん。

 

みんな帰るとき笑顔でした♪


 

ABUウォーターボーイズ、期待以上にすごくよかったです^^
行ってよかたぁ☆☆

 

最後となりましたが。
今回のABUウォーターボーイズの公演に込められた想い。

『東日本大震災から2年〜岩手県大槌町へ行って〜』

ぜひご覧ください。



 

(画像をクリックするとPDFをご覧いただけます)


あのひょっこりひょたん島のモデルは大槌町の島なんですね!

昨日よく見たら、トヨタのReBORNのCMの一番最初に大槌町って名前出ていましたっ!発見!

 2013.03.18 Monday * 20:15 | 萩LOVEイベント | comments(0) | trackbacks(0)
+ ABUウォーターボーイズ +
 

萩のおとなり道の駅阿武町にて萩LOVEお勧めの公演が開催されます。

『ABUウォーターボーイズ』

 

日にち:平成25317日(日)

場 所:道の駅阿武町温水プール

イベント:ABUウォーターボーイズ東日本大震災復興祈念チャリティー公演 13:00〜
      



この北浦で!頼もしい阿武町の若者が驚きと笑いの感動を皆様にお届けする大注目の公演です。

そして、同時に2月に訪問された岩手県大槌町の様子を写した写真展が開催されます。
震災が起きてから2年後の様子、萩にいてはなかなか触れることのできない風景です。




 

皆さん、日曜日はぜひ道の駅阿武町で彼らの雄姿をご覧ください。


当日、道の駅阿武町では「春の海鮮まつり」が開催されます。



日にち:平成25317日(日)

場 所:道の駅阿武町
9:00〜14:00

・お米のすくい取り

・サザエのつかみ取り

・豪華賞品じゃんけん大会

・刺身、わかめ汁試食

・あぶウォーターボーイズ

10:00〜11:00頃

奈古新鮮活魚市(売り切れるまで)

          などなど

 2013.03.14 Thursday * 18:00 | 萩LOVEイベント | comments(4) | trackbacks(0)
+ 萩LOVEからのお礼&報告 +
 
萩LOVEから皆様にお礼です。

本当にありがとうございました。

以前(1/27)に、「東日本大震災復興支援コンサートin大槌町」に対し、カンパの協力を呼びかけさせていただきました。

87名の方にご協力いただき、20万9千円のカンパが集まりました。

当初目標額の10万円の倍以上の金額が集まり、心より感謝しております。

予定の10万円を超える金額につきましても、大槌町へのお土産、また、今後予定しています「大槌町ピアノコンサート報告会&ミニコンサート」の開催費用に使わせてただきます。

「報告会」では、現在の大槌町の様子や現地の方の声、ピアノコンサートの様子を写真やビデオにてお伝えし、ご協力いただいた皆様に「長岡あゆみ」さんのピアノ演奏でお礼をしたいと考えています。

報告会の詳細が決まり次第ご連絡いたします。


ーカンパ報告(事業収支報告)ー

 カンパ 20万9千円

経費
 交通費(萩⇔岩手県大槌町、大槌町内移動) 7万3680円
 荷物送料                    3800円
 コンサート経費              4万7630円
  (会場費(暖房費、放送設備費込) 2万3630円)
  (ピアノ使用料 3000円)
  (ピアノ調律代 2万1000円)
 チラシ印刷代                  4000円
 プログラム印刷代                1470円
 記録撮影用SDカード                1280円
 大槌町のみなさんへお土産             3万円
  (井上商店「しそわかめ」)
    経費合計              16万1860円

 20万9000円 ー 16万1860円 = 4万7140円(残金)

 ※残金の4万7140円は、報告会の会場費やチラシ印刷代に使用させていただきます。













 2013.03.05 Tuesday * 22:29 | 萩LOVEイベント | comments(0) | trackbacks(0)
+ 年末イベント『萩LOVEサンタのプチプレゼント』 〜後編編〜 +
 
 さて!

 後半戦です!!(何のことやらわからないそこのあなたはバックナンバーをチェック!)

 4軒目は

 La Caibaさんです。

 関東圏からIターンのマスターが開店されたこのお店

 とってもハイセンス。


 こちらでは普通サイズのビールをぐびっ!

 ふつうサイズを見ただけで安堵の表情を浮かべる4人。

 ふざけすぎです。。。

 グラスも通常のものとは違い、高級感があり、
 
 おしゃれな感じ。

 ぜひ女性を連れて訪れたいものですね。

 
 萩の魚介類・お肉・お野菜等

 できるだけ農薬や添加物を使用しない食材を使用されている点も

 うれしい心遣いですね。

 この日は食べれませんでしたが どのお皿も絶品なんですよ!


hagilovecri23

 あら…

 まだまだ続くのに、もう満足された方がお一方…。

 hagilovecri24

 遠い目になっています。

 こちらのお店では、不定期で音楽イベント等も開催されておられますので

 そちらの日程もチェックしてみてくださいね。

 
 ではでは、足早ですが、

 5軒目!!!

 田町商店街内をそのまま移動して

 「Sei's bar(セイズ・バー)」さんへ。

 こちらは、萩の人であれば誰でも知っているなじみのお店。

 困ったときはこちらにいつもお邪魔します笑

 
 お酒はカクテルまで充実

 えっと…

 このときは確か…

 そうでした、画像を見て思い出しました

 黒ビールでございました。

 このときは完全に意識はっきりしていたのですが…、

 不思議ですね…人間って…。

 hagilovecri22

 こちらは、最近リニューアルされてスペースも十分!!

 大勢の二次会にもうってつけです!!!

 お値段もリーズナブルで………

 って、皆様のほうがよく知っとってですよね笑


 このころには、私のアメちゃんはだいぶ少なくなってきています。

 またもサンタたちは何かにとりつかれたように

 お店のお客様にまでプチプレゼント。


 …というわけで、あと15軒ですか…。

 続いて6軒目は

 蔵屋敷ビルの

 「WINE BAR CLASSICO」さん

 あれ…?

 ここ4軒目だったような…。

 まあ、いいや。

 私こうみえてもWINE好きでして、

 こちらにも開業当初からお世話になりっぱなしでございます。

 メニューに載っているもの以外にも、

 マスターに相談すれば、

 オススメワインをチョイスしていただけます。

 産地・生産者・ブドウの品種・重軽・価格。

 「じゃ…これーーーーー!!!」

 とスパークリングをラベルで選択という

 素人丸出しのチョイス

 hagilovecri16

 そんな男前な顔してもダメダメ。

 hagilovecri15

 はい、
 
 ここで倒れたと思ったら、

 まだまだ甘いですよ。

 次は7軒目!!
 
 「美味小舎(うまごや)」さん

 こちらはまず

 ところ狭しと並んでいる焼酎がオススメです!

 大将に気に入ってもらえれば

 そのへんでは飲めないような珍しい焼酎が破格で飲ませていただけます。

 また、他のお店では出ないようなメニューがずらり

 奥さんの若いころの写真をツマミにちびちびやるのも

 萩LOVERSの粋な飲み方です。

 ………って画像撮ってねーし!!!

 違うんです。本当にお邪魔したんですって!!!

 hagilovecri25

 はいはい、

 そろそろふらふらになってきましたか…。

 続きまして


 8軒目は

 萩LOVERSであれば、誰もがご存知の「こづち」さんです

 こちらは、老若男女が大衆的酒場的な雰囲気でございましょう。

 個人的には、

 「べらご」「板わさ」「白身魚のホイル焼き」で

 ビール・日本酒・梅チューハイってな感じでしょうか。

 卵焼きも人気ですよ

 hagilovecri21

 
 次は9軒目!!!

 酔い倒したサンタの一人が

 寝言のように

 「や、八作ぅぅぅぅぅ!!!」
 とうなされていましたので、ご褒美に

 「八作寿司」さんのお寿司を準備!!

 hagilovecri27

   老夫婦が営んでおられますが、

   ネタはでかく、

   何より敷居の高さを感じさせない雰囲気にがたまりません。


   最後に

   今回は、ただ漠然とお邪魔しにいったような感じですが、
 
   来年度は、反省も生かし、

   もう少し練った形で提供させていただきます。

   楽しみ方無限大!!!









 2013.02.05 Tuesday * 02:13 | 萩LOVEイベント | comments(0) | trackbacks(0)


| 1/4Pages | >>